ANSYSのマルチフィジックス・ソリューション

ANSYSは、多種多様なニーズに対応出来るマルチフィジックス解析ツールです。

製品に関するお問い合わせは、ACS問い合わせページからお願い致します。

*ANSYSはサイバネットシステム(株)より提供を受け、(株)アドバンストCAEソリューションズが販売を行います。

ANSYSの特徴

  • 自動車、電気電子、航空宇宙、エネルギー、医療工学、建築・土木等々、幅広い分野の企業・教育機関で活用されている、マルチフィジックス解析ツールです。
  • 構造・伝熱・電磁場・圧電・音響・流体などの各解析分野に高度な解析機能を有しています。
  • 様々な分野の物理現象を組み合わせて、より実現象に近い解析にも柔軟に対応します。

ANSYSの機能

構造解析
  • 線形静的解析
  • 非線形静的解析(弾塑性、大ひずみ、大変形、接触など)
  • 動的構造解析(モーダル、周波数応答、時刻歴応答、スペクトル応答、ランダム応答など)
  • 非線形動的解析(線形、非線形)
  • 座屈解析(固有値座屈、非線形座屈)
  • 疲労解析
伝熱解析 定常伝熱解析、非定常伝熱解析、輻射、定常電流解析、熱接触など
電磁場解析 静磁場解析、動磁場解析など
熱流体解析 定常流体、非定常流体、圧縮性流体、非圧縮性流体、乱流、層流、化学反応・燃焼、多相流モデルなど
疲労解析 応力寿命疲労、ひずみ寿命疲労、応力寿命(SN)、ひずみ寿命(EN)、振動疲労など
音響解析 周波数応答解析、過渡解析、輻射
落下・衝突解析 時刻暦応答解析(陰解法・陽解法)
圧電解析 静的、モーダル 、周波数応答、時刻歴応答
連成解析 伝熱−構造、流体−構造、磁場−伝熱−構造など

ANSYSの操作環境

ANSYSは、2つの操作環境を持ち、利用する製品や解析機能によって操作環境が決まっています。

ANSYS Workbench 設計者から解析専任者まで幅広くご利用いただけます。
ANSYS Mechanical APDL(旧Classic) 解析専任者向けに細かな解析条件を設定いただける環境です。

当社サポートの特徴

  • ExcelのVBAを用いて、モデルサイズや材料物性値定義、解析条件など必要なデータを入力し、そのデータを用いて解析の実行から結果出力を自動的に行えるオリジナル解析ツールをご提供できます。
  • ANSYS Mechanical APDLで解析した結果(rst、rthなどのバイナリーデータ)を読込み、他のポストプロセッサーで結果表示などができるトランスレータをご提供できます。
  • 接触解析の未収束などの問題で、困っておられる方はご相談ください。

開発元 ANSYS, Inc.

ページ・トップへ