ACS NEWS

Computex Taipei 2019 – ド派手PC群

2019 年 6 月 4 日 by yo yamgatta
6/1 2年振りにComputex Taipei 展示会に行ってみました。



行った証拠に、今年の入館証カード



新しいCore i9や、AMD Ryzen等の発表があったようですが、会場を歩いていて一番目に
つくのは、ド派手ゲーマー用マシン群。 歩いた順にこれらのマシンを紹介します。









Core i9型筐体





今年の主流は、CPU=Core i9-9900 グラフィックス=GEFORCE RTX 2080Ti らしい



最速と思えた窒素ガす冷却マシーン。ガスで曇ってよく見えない。



そのスペック。i9-9900K@5.7GHz となっている。



沢山見ているうちに、こういうのは普通と思えてくる。












これ位なら、机上において使えるかな???



色々なパーツがそれぞれ光を放つ!! 



チャリではなく、PC本体





ピラミッドパワー



テーブルがPC本体になっている、、、、






透明すぎると形状認識できなくなる、、



ド派手PC見慣れ過ぎた後では、いたって普通のPC本体に見えてくる



会場内数か所にあった顔認証、表情を分析してくれる。



GIGABYTEのブースでは野菜を栽培していた。
スマートほにゃらかの例らしいが、野菜とPCの関係はわからなかった。



グラスフリー3Dモニタ。 写真では分からないが、正面からみると結構飛び出して見える。
横から見た場合は飛び出してくれなかった。