ACS NEWS

ANSOL TM3D PARALLELIZE_CONTACT_SOLVER オプション

2018 年 5 月 14 日 by yo yamgatta
上記オプションは、Rev337から追加された新機能です。
Windows版と、Linux REHL7.2版のみで有効となる新接触ソルバーです。
今回、上記OS用のインストールファイルサイズが随分と大きくなっているので、Rev337との
違いを調べてみました。



画像が小さくて見えないと思いますが、libcublas 等、NVIDA CUDA(GPU計算)ライブラリが
追加されています。リリースノートには、GPU計算に関する記述はないので、今回は無関係かな
と思いますが、PARALLELIZE_CONTACT_SOLVEオプションを再度試してみました。

テストマシン XEON Gold 6134, CentOS7.4機、スレッド数=16
テストデータ Windturbin_RollerBearingModel

  PARALLELIZE_CONTACT_SOLVER OFF : 2,331s (1,204s)
   PARALLELIZE_CONTACT_SOLVER ON  : 2,033s ( 897s)   
          ( )内は、接触ソルバの時間。今回は、10%以上の高速化。

ログの相違

Analysis Setup:
Number of MPI Ranks : 1         この2行追加
Number of Threads per Rank : 16    オプションとは無関係に出力される。
Conserve Memory : ON
Include Edge Contact : ON
Normal Vector Averaging : ON
Parallel Geometric Search : OFF
Parallel Contact Solver : ON
Free Mode Threshold : 1.000000000E-10
Smallest Pivot Allowed : 4.000000000E-14
Warning: The bearing stiffness matrices have terms that generate loads
when the system undergoes rigid body movements. Check bearing
matrices.
Free Mode =308/745
SystemDof =1501/4251
Stiffness term=95014.1
Threshold =1953.08
Using MPI Version of the Contact Solver
(PARALLELIZE_CONTACT_SOLVER ONの場合に標示される)

今回はCUDAライブラリは関係なかったようだが、対応準備中か?