6月 « 2020 « ACS NEWS

2020 年 6 月 のアーカイブ

XEON WOrkstation グラボ交換

2020 年 6 月 9 日 火曜日
久しぶりのベンチマーク実施です。昨年4月に実施した測定では、XEON GOLD 6134機のGPU性能がいまひとつ、
というのが気になっていました。もっと速いGPUに交換したいが、値段が、、、、と思っていたのですが、
久しぶりにAMAZONでRTX 2080 Tiの価格を調べたら、13万円台で新品購入可能、早速注文してしまいました。

到着



QUADRO P4000 を取り外し、RTX 2080Ti 取り付け後、LEDイルミネーション付きですが
カバーを閉じると見えなくなるのは残念。



これが取り外したQUADRO P4000.



AMAZON, メルカリでは未だ結構な値段がついているようで処分するのは勿体ない。
CentOS7.2マシンのQUADRO-K2200交換することにしました。

搭載後のマシン内部。



こちらは、取り外した Quadro K2200. 小さい、、、現在の中古価格は数千円程度。

今回グラボを交換したマシンは両方ともLinux64 (CentOS 7)
ボード交換、再起動のみで問題なく動作。

ANSOL T3D のベンチマーク結果です。Xeon6134は最速マシンになりました。








ANSOL Transmisson3D Rev363

2020 年 6 月 2 日 火曜日
新型コロナの影響で、ほぼ在宅勤務状態となり、出張・会議全部キャンセル。
本来、今頃は米国でのLSDYNAユーザ会他に行っているはずでしたが、当然キャンセル。
デトロイトに行ってたら、今年の会場はダウンタウンど真ん中だったので、デモに遭遇していた?

コロンバスにある、ANSOL社も外出禁止によって社員すべて在宅となっていたようですが、
元々全員自宅での仕事がメインだったので影響は少なかったのかもしれません。
改良版 Rev363 がリリースされました。

Rev: 363
Author: sandeep
Last modification:Rev 363 - 2020-05-27 09:38:49 -0400 (Wed, 27 May 2020)
Log message: 2020/05/27
==========
1) Corrected the error message that is generated by the FATIGUE
menu when any of the mesh frequencies associated with a tooth
are zero. In such a situation, loads are static, and
there are no load reversals, fatigue damage cannot be calculated.
2) Added a PREPARE command in the BATCH menu. This new command
prepares a job file but does not submit it. The user can
then modify the job file before submitting manually
3) Added new checkbox COMPUTE_CONTACT_DEFLECTION to the
SETUP menu. If this flag is turned on, then deflections of the
contact surfaces will be computed. This calculation
requires more RAM and can potentially slow down an
analysis. The contact surface normal deflection can
then be retrieved through the Get_Load_Data() script
function.
4) Corrected the matching depth for tapered roller bearings
with lip contact. The incorrect matching depth was
causing artificially high contact pressure predictions.
5) Added a preliminary sample for the calculation of natural modes
of a body.
6) Added documentation about the frequency spectrum OP2 file
generation in Chapter 14 of the examples manual.
7) Added documentation about the iSys user interface in the
users manual.
8) Bug Fix: Fixed a crash that is triggered when a
DeltaTemperature is applied to a planetary pinion bearing whose
outer diameter connects to the pin and inner diameter
connects to the pinion.
9) Bug Fix: Fixed incorrect schematic diagrams shown for thrust
needle bearings.

弊社サイト TM3D/Rev363200527/ からダウンロードできます。